Disneeeland Project at Midway Atoll ミッドウェイにデズニーランド

Eastern Albatross Honu at Eastern Island
Today Disneee Corporation announced that the company will start new resort project at Midway. Because mouse is prohibited in Northwestern Hawaiian Island, Albtross will pretend as Mikeemouse. The themepark will be open once a year according to charter flight operation. FOr the limited time, they offer annual passport with the same price of 1-day passport.

デズニー・コーポレーションは、アナハイム、オーランド、東京、パリ、香港に次ぐ、リゾートの開発として、ミッドウェイ環礁にデズニーランドを建設する計画を発表した。日本、中国、ハワイ、アメリカのどこからもそこそこ近いロケーションが大きな要因となっている。裏の事情としては、コアホウドリ80万羽を安い労働力として使えると指摘する筋もある。

しかし、ミキ―マウスをはじめ、ねずみを持ち込むことは、生態系に大きなインパクトを与えることが危惧されていたが、デズニーでは、ミキ―マウスはコアホウドリが着ぐるみを着ることで解決できると提示しており、世界初の空飛ぶミキ―マウスが出現するチャンスとも期待されている。また、タートルビーチでは、ウミガメと会話できるアトラクションも設けるが、コスト上の理由で通訳はできないので「本当の自然の中で勝手に楽しんで欲しい」という。

なお、ミッドウェイには、年に1度、チャーター便が飛んでおり、当面、デズニーランドも、年間364日は休園になる予定。今なら「1日の料金で年間パスポート」キャンペーンを行っている.

Maug Island (N. Mariana) マウグ島 北マリアナ諸島

Maug Island Asuncion Island Northern Mariana Islands Map by CIA

From the flight between Guam and Tokyo, You may see some of North Mariana Islands. Maug Island consists with three islands which is volcano rim. The island is located between Saipan and Iwoto / Iwojima. I'm now trying to identify the name of the Island in next photo.

グアム-東京のフライトで、北マリアナ諸島の島々を見ることができます。最も印象的なのは、マウグ島で、3つの島からなりますが、見てわかるように火山島のカルデラの外輪山だけが見えている状況です。中央の写真は名前調査中ですが、アスンシオン島かな。。。マウグ島は最北端から2つ目の島ですが、最北端の島は見えませんでした。

Wake Atoll ウェーク環礁

Channel between Wake & Peale Wake Atoll by FWS Wake Aerial Sunset
(Aerial photo in blue ocean: U.S. Fish and Wildlife Service)

I have visited Wake Atoll, which is true remote island in the North Pacfic, located at 2,400km East of Guam, 3,700km West of Honolulu and 1,900km Southwest of Midway Atoll. Now it is belongs to Wake Atoll National Wildlife Refuge and Pacific Remote Islands Marine National Monument. There is 3,000m runway operated by 15th Airlift Wing of Hickam Air Force Base in Honoulu. No one lived there until Pan American World Airways (Pan Am) have used for refueling point for the first transpacific regular service by Clipper flyinng boat since 1935. During WW II, Wake Atoll was occupied by Japanese Navy. From 1940s through now, Wake Atoll is work for important refueling and emergency landing airfield in the Pacific. Especially Wake is indispensable for ETOPS (ExTended OPeraTionS) by twin-engine passenger aircrafts. The atoll is at the top of volcano, and consists with three islands, named Wake, Wilkes and Peale. The blue lagoon photo was taken at the channel between Wake and Peale.

北太平洋に浮かぶ「絶海の孤島」ウェーク環礁に行ってきました。南鳥島の南西1,400km、グアムの東2,400km、ホノルルの西3,700km、ミッドウェイ環礁の南西1,900kmにあります。アメリカの州や属領に属さず、アメリカ内務省直轄で、現在は、ウェーク環礁国立野生生物保護区、また2009年から太平洋離島海洋ナショナルモニュメントとなっています。3,000m滑走路があり、ホノルル・ヒッカム空軍基地の第15輸送航空団第5分遣隊が管理しています。1935年にパンアメリカン航空が、クリッパー飛行艇による最初の太平洋横断フライトの給油地に使うまで無人島でした。ミッドウェイ環礁から言うと、「次はウェーク、次はウェーク」というわけで、次の駅です。第二次大戦中は日本海軍が占領しました。戦後から今日に至るまで、重要な給油地、緊急着陸飛行場として機能しています。意外にも、日本航空の最初の国際線フライト、羽田-サンフランシスコ便のDC-6Bが最初に着陸したのがウェーク空港でした。最近では双発ジェット旅客機のETOPS(ExTended OPerationS)フライトに不可欠な存在となっています。

まずは、「青い海の写真」をお届けします。ウェーク島の端っこにある居住区の近くで、昔の海軍の飛行艇/水上機基地、パンアメリカン航空の施設があるピール島の手前のあたりです。 空撮は、FWS(Fish and Wildlife Service)によるもの。あと、夕暮れ時のウェーク島の全景です。「ウェーク島」と呼ばれますが、実際は3つの島に分かれています。手前がウェーク島で3,000m滑走路があります。左上がウィルクス島で現在はバードアイランドとして立ち入り禁止だそうです。右上がピール島で、海軍とパンアメリカン航空の飛行艇/水上機基地があったところです。また折を見て写真をお届けします。

Kona Beer - Fire Rock Pale Ale コナビール ファイアーロック ペールエール

Fire Rock Pale Ale
The most popular Hawaiian beer is from Kona Berewing Company at the Big Island. There are three major products including Longboard Island Lager, Big Wave Golden Ale and Fire Rock Pale Ale. Among them I love Fire Rock Pale Ale with rich taste. When puechase at i.e. ABC Store, we should remember they require the bottle opener, besides major U.S. beers don't require them.

ハワイの地ビールとしてもっとも有名なのが、ハワイ島のコナ・ブリューイング・カンパニーの、ロングボ-ド・アイランド・ラガー、ビッグ・ウェーブ・ゴールデン・エール、ファイアー・ロック・ペール・エールです。その中では、ファイアーロック・ペール・エールが個人的にはいちばん好きです。飲みやすいのにリッチなテイストのバランスが気に入っています。現地で買うとお手頃なので、ABCストアなどで買って飲もうと思のですが、気をつけないといけないのは、栓抜きがないと開かないことですね。バドワイザーやミラーなんかは、栓にスクリューが切ってあるので、栓抜きがいらないのですけど。

Minami Iwoto / Minami Iwojima 南硫黄島

Minami Iwoto Minami Iwoto

Minami Iwoto / Minami Iwojima (means South Iwoto) is located at 24'14"N 141'28"E, 60km south from Iwoto 1,300km south from Tokyo. Its area is 3.5km2, shore length is 7.5km, and highest point 916m, which is the highest in the Tokyo islands. No one is living here, and nature is well reserved. North side of Minami Iwoto, the colored water area by submerged volcanic activity could be seen.

南硫黄島は北緯24'14"、東経141'28"に位置し、硫黄島の南60km、東京の南1,300kmにあります。面積3.5km2、周囲7.5kmの火山島で、頂上は海抜916mで、東京の島嶼部で最高地点です(東京都としては雲取山の2,017mらしいです)。島の北側に海底火山活動による変色域を見ることができ、硫黄諸島が生きている火山であることがわかります。なお、硫黄島は、平均20cm/年で隆起を続け、そのため面積も拡大しています。隆起速度は変動し、沈降傾向に向かったこともあれば、最大1m/年隆起したこともあります。元山方面が隆起傾向にあり、摺鉢山はやや穏やかな傾向にあります。国土地理院地図閲覧サービス:南硫黄島

Natsuki Ikezawa / Hawai'i Journal 池澤夏樹 / ハワイイ紀行

ハワイイ紀行 完全版 (新潮文庫)

Natsuki Ikezawa / Hawai'i Journal 池澤夏樹 ハワイイ紀行 (完全版)
Shincho Bunko I-41-7 August 1, 2000 ISBN4-10-131817-4 C0195

Published on August, 2000 in 20th century, this is one of the first Japanese book to introduce Midway Atoll with large volume of information. Also it is including many aspects of stories to know Hawai'ian historical backgrounds. Mr. Ikezawa has flown into Midway Atoll(MDY) from Lihue Airport(LIH), Kauai via Galfstream aircraft with two turboprop engines.

池澤夏樹 ハワイイ紀行 (完全版)
新潮文庫 い-41-7 2000年8月1日発行
ISBN4-10-131817-4 C0195

2000年8月に出版され、ということは、まだ20世紀、そしてもう10年。池澤さんは、ミッドウェイ環礁が公開されて間もなく、カウアイ島リフェ空港(LIH)からミッドウェイ空港(MDY)へガルフストリームの双発ターボプロップ機で入っています。ミッドウェイ環礁を詳しく取り上げた最初の本のひとつで初めて行く前にとても参考になりました。ハワイイの人、歴史、文化、自然への尊敬と愛を感じさせる大作です。情報と知識に富みながら、でも軽快に読み進むことができます。ミッドウェイ好きだけではなく、ハワイイを愛するすべての方にぜひぜひ読んで頂きたい本です。

Iwo To / Iwo Jima 硫黄島

Iwo-to Aerial View Iwo-to Beach
I had a chance to visit Iwo To, previously called as Iwo Jima, which means Sulfer Island. In aerial view, over Mt. Suribachi, you can see black sand beach where U. S. Marines Corps landed on 1945, and buildings are Japan Maritime Self Defence Force's Iwo To Air Base. In the battle of Iwo Jima, 20,129 Japanese, including 82 people from Iwo To village and 6,821 American dead. The worst problem for Japanese Army and Navy was lack of water. The top of Mt. Suribachi (169m) is now accessible with car. More than 1,000 civilian people were living in the villages at Iwo To until 1944. Even after U. S. released the island, they have not been allowed to return to their home island.

東京都小笠原村の硫黄島(いおうとう)に行く機会がありました。左の写真は上空から撮影したもので、前方が摺鉢山、後方の黒砂の浜がアメリカ海兵隊の上陸地点、さらに奥の白い建物が見えるところが海上自衛隊硫黄島航空基地です。(国土地理院地図閲覧サービス:硫黄島)

1945年2月のアメリカ軍の上陸に始まる激戦により、日本軍20,129人(軍属として徴用された硫黄島民男子82人、朝鮮人軍属を含む)、アメリカ軍6,821人が亡くなられました。ご冥福を心からお祈りしたいと思います。とにかく水が足りなかったといいます。今、当たり前に水が飲めることをありがたく思います。

右の写真は、海兵隊上陸地点の黒砂の浜から、摺鉢山を望む図です。摺鉢山は169mで、現在は車でも登れます。砂浜は、富士山の砂走りのような感覚です。海と砂浜そのものはとても美しい光景でした。

1945年の硫黄島の戦いのみ、玉砕の悲劇のみで語られることが多いですが、1944年まで1,000人ほどの硫黄島民が平和に暮らしていた事実も忘れてはいけないと思います。旧島民の方々は、硫黄島返還後も帰島が許されていません。

6/7-14 OWS presents Midway Atoll Tour OWSミッドウェイ環礁ツアー

Sand Island Map
OWS (Oceanic Wildlife Society), Nonprofit Organization based in Tokyo, will make the first ever Midway weekly tour after their left Midway on 2002, due to the termination of Midway Phoenix Corp. operation and their charter flight operations by Aloha Airlines. The tour will start from Honolulu and the atendee will stay between June 7 (Mon) and 14 (Mon).

OWS presents
Midway Atoll Eco-tour

June 7 (Mon) - 14 (Mon), 2010
, 7 nights 8 days
from Honolulu USD5,200 OWS (03-5960-3545)

ミッドウェイ環礁での観察研究を続けてきた、NPOのOWS(Oceanic Wildlife Society)、満を持して、エコツアーを催行します。じっくり滞在したい方にお勧めです。

OWSスペシャル企画 ミッドウエー環礁エコツアー
のご案内
2010年6月7日(月)~14日(月)
 8日間
ホノルル発USD5,200  OWS事務局 (03-5960-3545)

2002年にOWSミッドウェイオフィスを閉鎖して以来、8年ぶりに待望のミッドウエー環礁エコツアーを開催する運びとなりました。ミッドウェイ環礁を含む北西ハワイ諸島は、2006年に米国の「海洋国家遺産」に指定された世界最大の海洋保護区となりました。島はコアホウドリの巣立ち前のたいへん賑やかな時期です。是非、この機会に訪れてみませんか。 (OWSホームページより)

3/13-4/11 Photo Exhibition of Mitsuaki Iwago 岩合光昭写真展

風がいい島 岩合光昭のネコ-47都道府県の408にゃんこ ニッポンの猫 (新潮文庫)
Iwago's World: works by photographer Mitsuaki Iwago
2010/3/13(Sat.) - 4/11(Sun.)
10:00 to 18:00 Close on Monday
Tabacco & Salt Museum
Jinnan 1-16-8, Shibuya-Ku, Tokyo, Japan 150-0041
(10 minutes-walk from Shibuya Station)
Phone: +81-3-3476-2O41
Admission Fee: JPY100

Some of the finest photo taken by Mr. Mitsuaki Iwago at Northwestern Islands are exhibited. It is unique chance to see the photo taken other than Midway Atoll, because these islands are forbiden area to enter.

岩合光昭写真展
2010年3月13日~4月11日 10:00-18:00 月曜定休
入場料100円です。 
たばこと塩の博物館
東京都渋谷区神南1-16-8(渋谷駅から徒歩10分) (03)3476-2041

アフリカ、北極、猫はもちろん、ミッドウェイ環礁をはじめ、北西ハワイ諸島写真が多数です!!北西ハワイ諸島の写真は、風がいい島に収められています。また、猫写真だと、日本猫の総集編ともいえる岩合光昭のネコ-47都道府県の408にゃんこが出たばかりです。

June 2, Midway Atoll Day Tour 6月2日 ミッドウェイ環礁日帰りツアー

Continental Midway 2008
Military Historical Tours is now offering the 3rd tour to Midway Atoll between May 31 and June 5, 2010. For Japanese traveler, there will be an opportunity to join as a day tour from Honolulu on June 2 (Wed), 2010. Midway day tour will be cost USD1,195.

2010 May 31 - June 5 : WWII 68th Anniv Battle of Midway “Turning Point in the Pacific”

2010年も6月2日に、ホノルルからミッドウェイ環礁へ、ミリタリー・ヒストリカル・ツアーズが3回目のツアーを催行します。現在、ミッドウェイ環礁に比較的容易にアクセスできるのは年に1回のこのツアーしかないのが実情です。ホノルルからミッドウェイ環礁へコンチネンタル・ミクロネシア航空チャーター便のボーイング737-800で飛び、現地では、サンド島内をほぼ自由行動が可能ですので、野生生物の観察・撮影と割り切って行くこともできます。イースタン島への船は限られた人数になると思います。ホノルル発の場合、1,195ドルになっています。

ミリタリー・ヒストリカル・ツアー
ミッドウェイ環礁ツアー 2010年6月2日(水)

Introducing Midway Atoll Blog ミッドウェイブログはじめました

Midway Sand Island Albatross
Hi! Welcome to my blog introducing Midway Atoll and Northwestern Hawaiian Islands. Although my website started since 1990s, I haven't made enough updates. So I will start the blog to introduce more about the great atolls and islands.

ミッドウェイ環礁と北西ハワイ諸島の情報と最新ニュースをお届けするこのホームページ、、、のはずがすっかり腐らせてしまいました。更新を速めるべくブログを作ってみました。どうぞよろしくお願いします。

Read more

Profile

midwayhawaii

Author:midwayhawaii
Welcome to Midway Atoll and NW Hawaiian Islands, where you will enjoy beautiful blue lagoon with seabirds and oceanic wildlife!
野生生物の楽園、ミッドウェイ環礁と北西ハワイ諸島へようこそ!美しいラグーンと海鳥と海洋生物が待っています。この地域の最新情報をお届けします。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
FC2 Counter
Search form
Link